真面目な話、風俗するなら絶対貯金して下さい

風俗で働いて大金が稼げるようになると、どうしてもお金遣いが荒くなる女の子が多くいます。
すぐにタクシーに乗ったり、ブランド物を買ったり、旅行に行きまくったり、一番最悪なのは当然ホスト遊びと。
でも考えて下さい、その先の事を。

10年毎に変わる、風俗と昼職の違い

風俗は若い時しか稼げません。
年をとっていくほど稼げなくなり
どんな優れた容姿の女性でも30代にもなれば確実に働ける店は減り
そこで急に昼の仕事に変えるにも経験も技術も無い状態で雇われる事は難しいのが現実です。
それに比べて、若い頃から昼の仕事をしている女性は、
20代の頃は経験と技術が少なく給料も安くても、
続けていくうちに少なからず給料は増えていき
そのまま40代・50代になっても働き続ける事ができ
経験と技術があれば途中で転職する事も可能です。

風俗するなら先の事を考えて

成人して昼の仕事をするのと風俗の仕事をするのと比べると、
昼の仕事は20代・30代・40代・50代と働けるのに対して、
風俗の仕事は20代・30代と半分の期間しか働けない仕事とも言えます。
(※40代・50代の女性が働く熟女店もありますが数は極少数です)

若さを武器に』なんて言葉がありますが、
風俗はそうではなく『若い頃の時間を犠牲に』してるんです。
風俗の仕事がお金が高いのは仕事内容がつらいからだけじゃなく、
人が色々な技術や経験を積める若い頃の時間犠牲にしてるからなんです。

だからこそ、今20代で高収入稼げていても
そのまま同じ額の高収入を稼ぎ続けられない30代の分も
働く事も難しいかもしれない40代・50代の分も考えて
とにかく貯金を多くしておいて下さい
今苦労して稼いだ大金の中身は、将来両方の分のお金ですので、
今だけで全部使い果たすなんて事は絶対にせず、しっかり貯金してください。

可能なら待機中の暇な時間を使って将来風俗を辞めた後の為に資格の勉強などもして